読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ転勤族!無駄をなくして豊かな人生☆

転勤族の妻、主婦兼在宅ワーカーのアラフォーおばさんによる、 いかに無駄を省き生活・子育てを豊かにしていくかを模索するページです

夫が部屋を決めてきました

転勤族の悩み

初めての単身赴任…不安ばかりで最近は何も手につきません。

夫が週末、赴任先へ行って部屋を決めてきました。

会社から交通費の補助などはないので、私は着いて行かず。

 

会社からの家賃補助上限が5万円なので、以下の条件で探しました。

  1. 賃料に管理費が含まれて5万円以下
  2. 水道代定額で賃料に含まれていればなお良い
  3. 5万円に大きく満たない額なら賃料プラスで家具付きなどにしてもらえないか交渉
  4. できればオール電化。無理なら都市ガス

叶ったのは2のみ。思いのほか、都市ガスの物件がないです。

プロパンガスは高いけれど、ガス自由化で下がると言われているし

夫の物件のガス会社は都市ガス価格に合わせているので大丈夫だとのこと。

 

最初は駐車場付きを探していましたが、諦めてくれました。

車は余計な出費を増やすので。会社に近く便利のいいところに住んで

徒歩通勤したほうが絶対にいいと思う。

車を持って行かれても正直困るし、

新しく買うと私が外へ働きに出ても貯金もできないかもしれない。

通勤と月に1度の趣味のためだけに車を買うならレンタカーにしろと説得。

 

とりあえず、5万円で住める物件はものすごく古くて汚いものばかり。

決めてきた物件は、ところどころリフォームしてあり

水廻りが比較的綺麗だったのはそこだけだったということです。

 

ただし、洗濯機置き場がベランダ!これは洗濯機壊れるんじゃ…?

新しく買ったら勿体ないよねぇ…

壊れるの覚悟で今使ってるのを持って行って家用に新しく買うか、

コインランドリーを利用するか

…部屋が決まっても悩みは尽きません;